TPP交渉参加反対の約束を破った自民党の候補のみを推薦した新潟県の農政刷新連盟

6月21日(金)
JAグループは、昨年の衆議院選挙で、自民党の候補者がTPP交渉参加反対を約束していながら、選挙後、安倍政権がいち早く交渉参加を表明したことから「裏切られた」と反発を強めていました。
ところが、新潟県の農政刷新連盟は、今回の参議院選挙においても自民党の候補者1人のみの推薦を決めました。TPP参加に慎重・反対の候補予定者は他にもいたはずですが…。
もっとも、北海道や岩手、群馬、山形など、約束を破った自民党をいまさら応援できないと反発し、自主投票や与野党双方推薦を決めた地域もあります。気骨ありますね。新潟県の会長は全国組織のトップで、先頭に立ってTPP交渉断固反対の旗振りをしていたわりには、あっけないものです。

外務委員会において参議院先議の条約2本の質疑と採決が行われる

外務委員会において参議院先議の条約の質疑と採決が行われる

午後からは桜井政調会長のもとマニフェスト作成会議に出席

午後からは桜井政調会長のもとマニフェスト作成会議に出席