民主党新潟県連 豪雨災害対策本部が水害被災地を視察

民主党新潟県連は7月29日からの豪雨による土砂崩れや家屋の崩壊などの被害の報告を受けいち早く災害対策本部を設け、8月2日長岡市の現地視察を行いました。

当日は県議団、市議らが長岡市地域振興局から説明を受けた後、被災地(長岡市森上地区・乙吉地区・軽井沢地区)を視察しました。新潟県に対して緊急の要請をしていきます。

DSCN1718

視察を行った大渕、上杉、高倉、内山、梅谷県議と佐藤市議

視察を行った大渕、上杉、高倉、内山、梅谷県議と佐藤市議


前の記事

間もなく終戦の日

次の記事

千客万来の一日