福岡で文部科学委員会の地方公聴会を開催

4月23日(水)
衆議院文部科学委員会の委員派遣で福岡へ。オバマ大統領が来日されるため、都内は厳戒態勢で至る所検問しています。羽田空港までの交通規制がどうなるかハラハラしました。

地方公聴会

地方公聴会

2014年4月23日地方公聴会2
福岡空港到着後、早速、春日市立日の出小学校を訪問。春日市は、公立小・中学校18校全てがコミュニティ・スクールとなっており、保護者や地域住民等が委員として「学校運営協議会」に参加している先進地です。近年、子どもたちの学力が向上し、地域の絆、連携と連帯が深まるなど効果抜群のようです。

学校視察

学校視察

2014年4月23日視察2
5年生の授業を見学しましたが、こちらの耳が痛いほど子どもたちは大きな声で元気よく発声し、計算や音読にも励んでいました。子どもの集中力を高めるため工夫されていて、先生の指導力に感心しました。
午後は、意見陳述人として、小郡市長さん、嘉麻市教育委員会委員長さん、九州大学大学院教授にご出席頂き、いわゆる教育委員会制度改革について意見を聴取し、各党質疑を行いました。

国会議員10年やりましたが、地方公聴会は初めての経験でした。地方に出掛け、様々な立場から貴重な意見を聞けるのはとても参考になります。


前の記事

荻川まきこ会のお花見

次の記事

オバマ大統領が来日