衆議院青少年特委員会~乳児院と養護施設を視察

8月26日(火)

本日、衆議院青少年問題に関する特別委員会として、都内の二葉乳児院と児童養護施設の錦華学院を視察しました。

まずは二葉乳児院を訪問。乳児院は何らかの理由で育児ができなくなった保護者に変わり一時、中長期的に預かり育てる施設です。

まずは二葉乳児院を訪問。

乳児院は全国に133ケ所あり、虐待や精神疾患などの理由で親が養育できない赤ちゃんが入所する施設です。最近は、病虚弱児や何らかの障がいがある赤ちゃんが増えているとお聞きしました。365日24時間体制で小さな命を守り育むため懸命に頑張っている職員の皆さんに頭が下がる思いです。

施設内は職員の皆さんにより、隅々まで掃除が行き届いており清潔です。

施設内は職員の皆さんにより、隅々まで掃除が行き届いており清潔です。

職員の方よりご説明を受けました。

職員の方よりご説明を受けました。

 

 

日本には里親制度があるものの、養育家庭や養子縁組される子どもは1割程度で、多くの子どもが児童養護施設に入所するケースがほとんどです。錦華学院では幼児から高校生までの子どもたち57人が生活していました。やはり虐待や発達障害といった問題を抱えているケースが多いとお聞きしました。特例はあるものの、基本的には18歳になると施設を出ていく決まりになっているため、社会に出てから人間関係や金銭トラブルでつまずく子どもも少なくないそうです。

続いて錦華学院へ。こちらは乳児院より上の年代。18歳までの児童を支援しています。

続いて錦華学院へ。こちらは乳児院より上の年代。18歳までの児童を支援しています。

おもちゃもとても綺麗に整理整頓されています。

おもちゃもとても綺麗に整理整頓されています。

子どもたちのお部屋も見せて頂きましたが、綺麗にしています

子どもたちのお部屋も見せて頂きましたが、綺麗にしています

何やら作成中。

何やら作成中。

 

 

子どもに罪はありません。健気に頑張っている子どもたちに幸せを掴んでほしい。差別や偏見を受けることがないよう、様々な可能性にチャレンジできるよう、社会全体で温かく支援していかなかくてはなりません。

職員の皆さんと意見交換。内閣府と厚生労働省の担当者も同席。

職員の皆さんと意見交換。内閣府と厚生労働省の担当者も同席。

 


前の記事

勇壮なお祭りに感激!

次の記事

海岸清掃に参加