連日の強行採決。闘いは参議院へ。

7月16日(木)

「安倍総理、本当に採決するのでしょうか?いまからでも遅くはありません。再考すべきです!!」我が党の岡田代表が檀上から声を張り上げて訴えると、自民党の1期、2期生議員の席から「どっ!」と大きな笑い声が上がりました。

20150716 132856

岡田代表の気迫あふれる討論。

岡田代表の気迫あふれる討論。

民意を無視し、イケイケどんどんで盲目的に安倍総理にただ従うだけの議員たちは、地元に帰ってどう有権者に説明するのでしょうか。国民の疑問や怒りにどう答えるつもりなのでしょうか。

地元テレビ局から安保法案についての取材を2局、受けました。

地元テレビ局から安保法案についての取材を2局、受けました。

テレビ局による街頭アンケート結果。国民の声は、反対多数です。

テレビ局による街頭アンケート結果。国民の声は、反対多数です。

野党5党が強行採決は認められないと抗議を表明し退席した本会議で、憲法違反とされる法案が可決されました。しかし、安倍総理の表情はひきつったまま笑顔はありません。予想もしなかった世論の逆風と支持率低下に追い込まれ、焦りに焦っての強行突破。安倍総理が間違いなく歴史に名を残す総理大臣になった瞬間です。

代議士会では、すべての議員が結束して、強行採決に断固抗議していくことを確認。

代議士会では、すべての議員が結束して、強行採決に断固抗議していくことを確認。

本会議退席後は、野党による強行採決に抗議する緊急集会が開かれました。

本会議退席後は、野党による強行採決に抗議する緊急集会が開かれました。

闘いは参議院に移りますが、諦めることなく廃案を求め続けます。

昨日に引き続き、連合との共催による抗議集会が開かれました。

昨日に引き続き、連合との共催による抗議集会が開かれました。

合間をぬって、拉致議連役員会に出席。

合間をぬって、拉致議連役員会に出席。