歴史に名を遺す安倍総理

9月18日(金)

国民の声を無視して、国会をこんなに混乱させて、いったい誰のための政治なのかと怒りに震えます。

内閣不信任案に賛成票を投じる。

内閣不信任案に賛成票を投じる。

祖父の悲願を自分の使命に代えて突き進み、無理を通そうとする安倍総理。国民を巻き込まないで欲しい。

約2時間に及ぶ枝野幹事長の演説。

約2時間に及ぶ枝野幹事長の演説。

岡田代表による賛成討論。

岡田代表による賛成討論。

怒号が飛び交うなかで、戦後70年の日本の安全保障政策を変える重要な法案を、力ずくで通し、民主主義、立憲主義を破壊した安倍総理の名は歴史に遺ることでしょう。

地元テレビ局の取材を受けました。

地元テレビ局の取材を受けました。

参議院では、安倍総理に対する問責決議案、中川議院運営委員長解任決議案、中谷防衛大臣問責決議案など、衆議院では内閣不信任決議案を提出し、深夜すぎまで徹底抗戦しましたが、とうとう憲法違反の法律が通ってしまいました。

代議士会の部屋には、「禁足」が掲げられています。3日連続の禁足です。

代議士会の部屋には、「禁足」が掲げられています。3日連続の禁足です。

国民はどうせ忘れる。デモは一時のものだ。そう考えている人たちがいます。

どうかこの失望と怒りを忘れずに、声を上げ闘い続けましょう!

20150918 170310