アベノミクス破綻。

3月28日(月)

今月23日に政府が発表した3月の月例経済報告には溜息が出ました。景気判断を5か月ぶりに下方修正したからです。長期低迷する個人消費は7か月ぶりに引き下げ。安倍総理が口を開けば改善していると言い続けてきた企業収益は19か月ぶりの下方修正。私はこれまでも繰り返し訴えてきたのですが、一刻も早く格差と雇用に焦点を当てた経済政策に転換しないと、個人消費は更に落ち込み、景気は確実に後退局面に入ってしまいます。

地元事務所の看板も民進党へ。

地元事務所の看板も民進党へ。

このところ安倍総理が消費増税を再延期するのではないかという報道が相次いでいます。増税を延期し、衆議院を解散し、7月の衆参同日選挙に打って出るという観測も、まことしやかに流されています。アメリカからノーベル経済学賞を受賞した偉い学者さんが次々と来日し、安倍総理に向かって増税延期を進言している様子が公開され、大きく報道されましたが、まるで増税延期のための環境整備、パフォーマンスに見えました。

事務所2階の壁も貼り替え。

事務所2階の壁も貼り替え。

国会内でも民進党の看板掛けが行われました。

国会内でも民進党の看板掛けが行われました。

個人消費がこれほど落ち込んでいるときに、消費増税をすれば更に景気が悪化する可能性は高いでしょう。しかし,安倍総理は2014年12月「再び延期することはない。ここで皆さんにはっきりとそう断言いたします。平成29年4月の引き上げについては、景気判断条項を付すことなく確実に実施いたします」と明言しているのです。我々野党側が経済は生き物だから景気条項を残すべきだと主張したのに、それを無視して法律から削除したのは安倍政権だったこと、まさか忘れてないですよね?

議員宿舎近くを散歩。春だなぁ♪

議員宿舎近くを散歩。春だなぁ♪

税と予算は国家の基本、政治の最も重要な仕事です。「政治は結果だ」と常々のたまう安倍総理、結果を出せなかった責任、アベノミスク失敗の責任をまずとって下さい。もし再び増税を先送りして、衆議院を解散すれば済むと考えているのだとしたら、まさに権力の乱用であり、姑息な安倍政権を許すことはできません。

強すぎると叩かれるんだよなぁ。がんばれ!白鵬。ずっと応援する!

強すぎると叩かれるんだよなぁ。がんばれ!白鵬。ずっと応援する!