憲法が危ない。

5月2日(火)~4日(木) 

今国会において憲法審査会が開かれ、まさに各党が丁寧に議論を積み重ねているさなか、いきなりの発言でした。
安倍総理は、総理大臣という肩書きではなく、自民党総裁の肩書きでメッセージを出したようですが、姑息であり、国会の手続きや議論を軽視した言動として、強く抗議しなければなりません。

栃尾地区 常安寺てまりまつり

栃尾地区 常安寺てまりまつり

s-IMG_7833s-IMG_7835
そもそも、国会の質疑のなかで、安倍総理は憲法改正に関する具体的な発言を控えてきたはずです。それが、憲法記念日の3日、日本会議が主導する憲法改正派の大会において、ビデオメッセージを寄せ、自身の考えを発表しました。

栃尾地区 花いっぱいコンクール展

栃尾地区 花いっぱいコンクール展

「憲法に規定がない自衛隊の条文を新たに9条に盛り込み、2020年に改正憲法施行を目指す」との発言内容は、自民党の改憲草案と異なる内容であり、党内議論の積み重ねまでも無視したものではないでしょうか。もっとも、安倍総理に逆らえないイエスマンばかりですから、自民党はそれでまとまるのでしょうけど。

加茂市 春まつり穀町わーるど

加茂市 春まつり穀町わーるど

s-DSCF0015s-DSCF0007
自身の熱烈な支持団体で意志表明されたところも安倍さんらしい。自分を慕う人の方ばかり向く。高い支持率のもとで自分は何をやっても許されると勘違いされているのでしょう。

加茂市成人式

加茂市成人式

s-DSCF0024DSCF01023

戦争の恐怖と悲惨さで辛酸を舐め尽くし、犠牲になったのは国民です。もうあんな戦争は二度と嫌だと、戦争はしないと世界に向けて誓ったのが日本国憲法です。そこには国民みんなの涙と願いが込められているのです。

南区成人式

南区成人式

特定秘密保護法、安保法制、共謀罪、そして憲法改正。「丁寧な議論を」、「国民の理解を」とは口先だけで、いつも強権的に進めてきた安倍総理が目指す道の先にはどんな未来が待っているのでしょうか。自己満足のために、国民を道連れにしないでください。

三条市 保内植木まつり

三条市 保内植木まつり

s-DSCF0006s-DSCF0007