児童ポルノ禁止法改正について民主党の対案を整理

6月13日(木)
児童ポルノ禁止法の改正について、自民・維新・公明の案が明らかになりました。この国会で通すということではなさそうですが、民主党として対案を整理しました。

今日は、日本漫画家協会、日本書籍出版協会、日本雑誌協会から意見聴取。大人の身勝手な欲求で子どもの人権や性が脅かされることを防ぐことは理解するが、  「単純所持罪」が導入されれば、例えばメールで一方的に画像を送りつけられたりして冤罪が起きてしまうことへの疑念、漫画やアニメという被害児童が実在しない世界にまで法規制を及ぼす混乱に懸念が示されました。

そもそも児童ポルノの定義が明確になっていないため、宮沢りえのサンタフェは児童ポルノになるのか?関根恵子のヌードもアウトなのか?という話も出ました。

文部科学部門会議で「いじめ対策推進法案」の与野党協議について話し合う

文部科学部門会議で「いじめ対策推進法案」の与野党協議について話し合う

青少年特別委員会で参考人質疑を行うことを決議

青少年特別委員会で参考人質疑を行うことを決議

法務・内閣合同部門会議で児童ポルノ禁止法改正について協議

法務・内閣合同部門会議で児童ポルノ禁止法改正について協議