外務委員会で岸田外務大臣に質問

6月14日(金)
外務委員会が開かれ、35分間、岸田外務大臣に質問しました。米中首脳会談に関して、北朝鮮による拉致問題は取り上げられたか。尖閣諸島についてオバマ大統領は習近平国家主席に対し、日米安保条約第5条が適用されると言及したか。岸田大臣は、我が国は平素から米国と緊密に意思疎通をはかっており、米中二国間会談について断定的、詳細には申し上げられないが、日本の立場に立って発言されたと理解していると答弁しました。
「尖閣諸島は中国の核心的利益だ」と習近平主席が発言したかどうかという質問については、尖閣と核心的利益を直接結び付ける発言はなかったと承知しているとの答えでした。
オバマ政権はアジア太平洋への回帰政策を進めていますが、同盟国である日本や韓国、豪州、シンガポールなどの同盟国と組んで対中外交を展開するのではなく、米国が中国と直接太い関係を構築しようとしているように見えます。

外務委員会で岸田外務大臣に質問

外務委員会で岸田外務大臣に質問

外務委員会で質問に答える岸田外務大臣

外務委員会で質問に答える岸田外務大臣

外務委員会の委員長席と政府側の控席

外務委員会の委員長席と政府側の控席

東京都議会議員選挙告示日。夕方、葛飾区の候補者の応援に入りました。

東京都議会議員選挙告示日。夕方、葛飾区の候補者の応援に入りました。