民主党新潟県連 豪雨災害対策本部を設置

新潟県内は、7月29日から30日にかけて、中越地方や下越の一部で豪雨となり、長岡市では24時間の降水量が300ミリ近くを記録し、土砂崩れで家屋2棟が崩壊、3人が重軽傷を負い、道路や田畑での冠水などの被害が出ております。
このため、民主党新潟県連は被害状況を把握し、政府・民主党本部をはじめ、新潟県など関係機関に対し、迅速な対応を働きかけるため、「民主党新潟県連 豪雨災害対策本部」を7月31日付で設置いたしました。

役員構成
  本部長   菊田まきこ
  副本部長 西村智奈美 鷲尾英一郎 黒岩宇洋 田中真紀子
  筒井信隆 田中直紀 風間直樹
  事務局長 市川政弘
  委員   大渕健 上杉知之 渡辺和光 高倉栄 内山五郎 梅谷守 他
    ※ 今後の状況を踏まえて適宜役員を追加選任する

今後において想定される取り組み
  ① 新潟県に対する緊急申し入れ
  ② 政府・民主党本部に対する申し入れ
  ③ 県議団、市議らによる現地視察、要望聴取(2日に実施予定)