憲法総合調査会・安全保障総合調査会の合同総会が開催されました

6月17日(火)

集団的自衛権の行使等に関して、閣議決定を急ぐ安倍政権。公明党は党是を厳守するのか、はたまた「下駄の雪」になるのか、注目されます。

憲法総合調査会・安全保障総合調査会合同総会に出席いたしました

憲法総合調査会・安全保障総合調査会合同総会に出席いたしました

我が党としても、政府の提示した「15事例」について、その現実性、対処方法、問題点を整理し議論を深めています。

自衛隊法、警察官職務執行法、海上保安庁法、海上輸送規制法、国際平和協力法、周辺事態安全確保法、テロ対策特措法、、、。

関連する現行法がたくさんあり、その整理はどうなるのか。過去の政府答弁との整合性についてはどうなのか。

会期末を控え、出席議員も多く関心の高さがうかがえます。会議室の外ではマスコミ各社が控えてました

会期末を控え、出席議員も多く関心の高さがうかがえます。会議室の外ではマスコミ各社が控えていました

改めて、自分自身の知識不足、経験不足、理解不足を恥じるばかりですが、安倍総理は、国民合意を得るというなら、ここはじっくり時間をかけて精査し、将来に禍根を残さぬようにすべきです。

総会終了後、少子化・人口減少問題検討チームに出席。こちらも喫緊の課題が山積しております。

総会終了後、少子化・人口減少問題検討チームに出席。こちらも喫緊の課題が山積しております。