驕り。緩み。

11月2日(水)

「強行採決するかどうかは議運委員長が決めるんだ」と自らの発言で批判を受け、謝罪したばかりの山本農水大臣が、昨日、またしても同僚議員のパーティーで「冗談を言ったら、クビになりそうになった」と発言。

教育公務員特例法一部改正案を可決。

教育公務員特例法一部改正案を可決。

 

自身の発言で国会が空転し、大変な迷惑をかけたにもかかわらず、またしても国会を茶化したような発言をするなど、委員会での謝罪はうわべだけだったようです。

自民、公明、民進、社民を代表して附帯決議案を朗読。

自民、公明、民進、社民を代表して附帯決議案を朗読。

 

さらには、「JAの方々が大勢いらっしゃるようでございますので、先生の紹介で農水省に来ていただければ、何か良いことがあるかもしれません」と利益供与とも捉えられかねないことも述べたとか。かつて、銀行の検査に手心を加えると発言し、辞任に追い込まれた金融担当大臣のことを思い出します。

2016-11-2%e2%91%a5

 

山本大臣の問題発言のオンパレードは、まさに数の力による驕り、緩みの典型であり、開いた口がふさがりません。

今朝は、文部科学部門会議役員会に出席。

今朝は、文部科学部門会議役員会に出席。

 

我が党も合意していた本日の委員会採決はなくなり、4日の衆議院本会議での採決も見通せない状況となりました。当然の結果です。このような大臣の下でTPP協定承認案を審議する状況にはなく、さすがに山本大臣には辞任を求めざるを得ません。

国会から急ぎ地元へ戻り、連合新潟第26回年次大会の交流懇親会に出席しました。

国会から急ぎ地元へ戻り、連合新潟第26回年次大会の交流懇親会に出席しました。

連合新潟 齋藤会長のご挨拶

連合新潟 齋藤会長のご挨拶

s-dscf0124

米山知事もご出席されました

米山知事もご出席されました