病室にて。

11月23日(水)
今までずっと忙しく全速力で走る毎日でしたが、こうして入院していると、時間がたくさんあり、テレビを観る時間も増えるし、報道もきっちりフォローできます。お蔭様で、手術はうまくいき、今は少しずつリハビリを頑張っています。焦ったり、落ち込む時もありますが、神様から与えられた充電期間だと思ってしっかり治したいと思います。

お見舞いに頂いたお花。ありがとうございます。

お見舞いに頂いたお花。ありがとうございます。

それにしても、ここ数日の報道はトランプ次期大統領の動向を伝えるものが多いですね。そのせいか、小池百合子都知事の話題がすっかり薄くなった気がします。異例ずくめの新大統領の下、超大国アメリカがどこに向かうのか、誰もが心配しているのでしょうが、どうも安倍政権の対応がチグハグな印象で、非常に心配です。

病室の窓から。雲の流れが速いな。

病室の窓から。雲の流れが速いな。

ニューヨークでの安倍総理とトランプ次期大統領との会談は世界的にも注目されたようです。1時間半の会談後、総理は「ともに信頼関係を築いていくことができる、そう確信の持てる会談だった。」と胸を張りましたが、会談の中味については何も説明しませんでした。なぜでしょう???その後、安倍総理は訪問先のアルゼンチンで記者会見し、TPPについて「米国抜きでは意味がない。再交渉が不可能であるのと同様、根本的な利益のバランスが崩れる」と断言しました。

お昼ごはんは12時。珍しく麺が出ました。嬉しい。

お昼ごはんは12時。珍しく麺が出ました。嬉しい。

ところが、その直後に、トランプ次期大統領は、来年1月20日の就任初日に指示を出す6つの政策項目をビデオ声明の形で発表し、TPPからの撤退を第一に挙げたのです。アメリカ抜きでは協定上の発効要件を満たさないので、これでTPP発効の可能性は潰えました。安倍総理が「国家百年の大計」と胸を張り、戦略的意義を強調し、われわれ野党の反対を押し切って衆議院で強行採決までしたTPP。せっかくニューヨークでトランプ氏と会談したというのに、安倍総理は一体何を話したのでしょうか?

今日の入浴は16時~。1人で入れるようになりました。

今日の入浴は16時~。1人で入れるようになりました。

私も長く国会議員をやってきましたので、外交上のやりとりを明らかにできない場合があることは理解しています。しかし、日本側からどういう項目を提起したかも明らかにできないというのは異常です。安倍総理はトランプ次期大統領との会談でTPPについて提起したのか?提起したにもかかわらずトランプ氏は大統領就任初日の撤退を表明したのか?もし提起しなかったのなら、なぜ国会で強行採決してまで通したい協定について何も言わなかったのか?厳しい説明責任が問われていると思います。

夜の楽しみはコレ!連続1000勝を達成した白鵬を全力応援。

夜の楽しみはコレ!連続1000勝を達成した白鵬を全力応援。


次の記事

運命に立ち向かう。