2014 年度民主党定期大会2日目

2月9日(日)
福島の再生なくして、日本の再生なし。2014 年度民主党定期大会を、東京ではなく福島県で開催した大きな理由です。東日本大震災から3年が経とうとしていますが、福島第一原子力発電所事故の被害に苦しむ人々がまだまだ大勢おられます。政治の責任として、民主党の責任として、復旧、復興、再生に引き続き全力で取り組もうと誓い合いました。
表紙
全体討議では、特に、党規約の改正や統一地方自治体選挙対策について2時間を超えて、非常に前向きで活発な議論が出来ました。

党大会2日目、午前中は全代議員会議に出席し、執行部席で議論を見守りました。

党大会2日目、午前中は全代議員会議に出席し、執行部席で議論を見守りました。

オープニングは劇団いぶきの皆さんのダンスと歌で盛り上がりました。

オープニングは劇団いぶきの皆さんのダンスと歌で盛り上がりました。

大会本会議では、冒頭、来賓の佐藤雄平福島県知事よりお祝いと激励のスピーチを頂き、最後は福島市出身のシンガーソングライターのave(エイブ)さんの歌で締めました。ご尽力頂いた福島県連はじめ関係者のみなさん、本当にご苦労様でした。

討議が長引き、お昼は慌ただしくサンドイッチで終わり。まさよさん、井戸さん、舞ちゃん、仲良しのメンバーと再会し嬉しかった!

討議が長引き、お昼は慌ただしくサンドイッチで終わり。まさよさん、井戸さん、舞ちゃん、仲良しのメンバーと再会し嬉しかった!

2014年度党大会の実行委員長を務められた泉健太代議士。青年委員会や地方議員が前面に出た構成になっていて、過去にない斬新なアイディアで盛り上がりました。

2014年度党大会の実行委員長を務められた泉健太代議士。青年委員会や地方議員が前面に出た構成になっていて、過去にない斬新なアイディアで盛り上がりました。

過去のどの大会よりも、真面目で真剣な党大会になりましたし、久しぶりに同期の仲間たちと懇談もできて充実感あふれる2日間でした。