文部科学委員会・会合・撮影の一日

4月15日(水)

先週までの選挙応援の疲れはまだ残っていますが、統一地方選挙の前半戦が終了し、合間となる今週は国会も動き出しています。

4.15⑪

今朝は、文部科学委員会が久々に開かれ、文部科学行政の基本施策に関する質疑が行われました。明後日17日(金)の委員会では私も質問に立ち、スポーツ庁設置法案について下村大臣と質疑をする予定です。

4.15②

4.15③

午後からは、私も役員に名を連ねている主権者教育のあり方検討ワーキングチーム第一回会合を開催し、主権者教育に係わる取組について文部科学省、及び総務省からヒアリングを受けました。早くて来夏の参議院議員選挙から選挙権が18歳以上となる見通しで、高校3年生から投票できることになります。学校の場で、どのような主権者教育を行うべきかしっかりと議論して参ります。

4.15④

その後、民主党がニコニコ超会議2015(4/25~26 幕張メッセ)で配信する18歳選挙キャンペーン用に、私が18歳だった頃と題して動画撮影を行いました。18歳の私は、初めて親元を飛び出し、中国の黒龍江大学に留学した経験の話をさせていただき、夢をもって世界に飛び出してほしいとメッセージを送りました。

4.16⑧

4.16⑦

夕方は、宗教と政治を考える会に出席し、日頃からお世話になっている立正佼成会の根本先生から平和活動の歩みについて貴重なお話を伺いました。憲法解釈による集団的自衛権の行使容認、さらには安全保障法制についての閣議決定が日本の平和を脅かすことになると懸念を示され、為政者は宗教者・哲学者の声に真摯に耳を傾けてほしいと語られました。有権者の付託を受け、国政に送り出していただいている国会議員として、この国の行く末を案じる国民のために政治を取り戻していかなければならないと改めて決意しました。

4.15⑨

4.15⑩