八十里越早期開通を目指して

7月24日(金)

国道289号線建設期成同盟会事業説明会に出席しました。

国交省直轄事業区間11.8㎞のうち、トンネルと橋で約10.4㎞にもなります。

国交省直轄事業区間11.8㎞のうち、トンネルと橋で約10.4㎞にもなります。

総工事費65億円を投じる新潟市といわき市をつなぐ壮大な事業は、昭和61年度に事業化、平成元年度から工事が始まりました。

国道289号建設期成同盟会を代表して國定三条市長より挨拶。

国道289号建設期成同盟会を代表して國定三条市長より挨拶。

初代の期成同盟会会長は故田中角栄先生でした。雪深い山の中であり、一年の半分しか工事できないという難所ですが、ようやく7割まで進んできました。残り3割、今年度は5号橋梁に着手します。その橋脚は81mと全国で6番目の高さだそうで、大変な難工事になりそうです。

早期開通を訴える下田商工会飛田会長。

早期開通を訴える下田商工会飛田会長。

7.24③

「八十里こしぬけ武士の越す峠」戊辰戦争で負傷した河合継之助が命がけで越えようとした八十里越が開通すれば、三条市と只見町はわずか80分で往来できるようになります。交通・物流の利便性だけでなく観光、救命救急といった観点からも早期の開通が望まれます。福島県、新潟県、国交省、心ひとつに進んでいきたいと思います。

地元に戻り、JP労組新潟定期総会懇親会に出席

地元に戻り、JP労組新潟定期総会懇親会に出席

s-DSCF0005

栃尾に移動して秋葉の火祭りに出席

栃尾に移動して秋葉の火祭りに出席

s-DSC_0241

小さなお子さんも火渡りに参加していました

小さなお子さんも火渡りに参加していました