改正公選法が成立、来夏の参院選新潟県は定数2から1へ。

7月28日(火)

参議院の「1票の格差」是正に向け、本日午後の衆議院本会議で採決が行われ、改正公職選挙法が可決成立しました。

国会が正常化し、久しぶりに本会議が開かれました。

国会が正常化し、久しぶりに本会議が開かれました。

自民、維新、次世代の党が賛成。政権与党の対応が分かれて公明党が反対するというのは前代未聞です。

参議院特別委員会で安保法制の審議がはじまりました。

参議院特別委員会で安保法制の審議がはじまりました。

鳥取と島根、高知と徳島が合区するため、合区対象県から選出されている自民党議員の数名も欠席や退席しました。「与党一致結束して」とはほど遠い混乱ぶりです。

国会前では、今夜も安保法制に反対する国会請願が行われました。

国会前では、今夜も安保法制に反対する国会請願が行われました。

我が新潟県は、定数1に減るため来夏の参院選は大変厳しい選挙が予想されます。今回の法改正で「格差是正」は不十分であり、次々回参院選までに制度の抜本的見直しが必要という附則が明記されました。

夕方は地元に戻り、北陸直轄河川治水期成同盟会連合会の定期総会へ出席しました。

夕方は地元へ戻り、北陸直轄河川治水期成同盟会連合会の定期総会に出席しました。

15.7.28-5