「せーばなる」と「全ての拉致被害者を取り戻す県民集会」

9月6日(日)

「せーばなる2015」にお邪魔しました。

せーばなる2015に来ました。

せーばなる2015に来ました。

DSCF0009

 

あいにくの雨模様となりましたが、今年30周年ということもあり、出演バンドはもちろん来場者も盛り上がっていました。

雨の中、大勢のお客さんが集まりました。

雨の中、大勢のお客さんが集まりました。

当初は、田上町の遠藤牧場さんで開催されていて、私はスタッフとして参加させてもらったこともあります。(せーばなるはやれば出来るという意味です)
DSCF0011
お互いに「歳とったねぇ~」とか憎まれ口言いながら、懐かしい人たちとの再会が嬉しかったです。
継続は力なり。継続するには力を抜いて。「せーばなる」から学んだことです。

午後は、新潟市で開催された「全ての拉致被害者を取り戻す県民集会」に参加しました。

「全ての拉致被害者を取り戻す県民集会」に参加しました。

「全ての拉致被害者を取り戻す県民集会」に参加しました。

多くの県民の皆様にお集まり頂きました。

多くの方からお集まり頂き、県民の拉致に対する関心の高さが伺えました。

私は、超党派の議員連盟の役員、民主党の議員連盟事務局長を務めており、このような県民集会は大変大きな後押しとなります。
DSCF0031

DSCF0034
横田めぐみさんはじめ拉致被害者全員、特定失踪者全員の救出は新潟県民の願いであり、もうこれ以上の停滞は許されないという皆さんの焦りと怒りの思いを受け止めました。

横田めぐみさんのご両親はDVDで、訴えを述べられました。

横田めぐみさんのご両親はDVDで、訴えを述べられました。

曽我ひとみさんが、拉致被害者の帰国を訴えました。

曽我ひとみさんが、拉致被害者の帰国を訴えました。

 

 


前の記事

週末地元活動

次の記事

自民党総裁選に思う