無課税63兆円。

5月24日(火)

「パナマ文書」で注目されるタックスヘイブン(租税回避地)ですが、国際決済銀行が公表した資料によれば、英領ケイマン諸島に対する日本の金融機関の投資・融資残高は昨年末時点で5220億ドル(約63兆円)に上るそうです。 安倍政権が掲げる設備投資の目標額が年間70兆円ですから、それに匹敵する巨額の資金が課税されずに日本からケイマン諸島に逃避していることになります。必ずしも違法ではないそうですが、どう考えてもおかしい。

地元テレビ局の写真撮影。永田町に解散風が吹き始めました。

地元テレビ局の写真撮影。永田町に解散風が吹き始めました。

「パナマ文書」が公表された後、アイスランドの首相が辞任し、英国のキャメロン首相が弁明に追われたのはなぜか。一部の特権階級がタックスヘイブンに資金を移転して課税を逃れていたことに対し、重税に喘ぐ国民の怒りが爆発したからです。こういう国民感情は日本も同じだと思います。アベノミクスで日銀が大量のマネーを市場に供給したにもかかわらず、企業の投資につながらないどころか、金融機関がタックスヘイブンに積み上げていた。そのうえ1円の税金も払っていないということでは、誰も消費増税に納得しないでしょう。

正副幹事長・党務局長会議。

正副幹事長・党務局長会議。

枝野幹事長挨拶。

枝野幹事長挨拶。

タックスヘイブンに逃避する資金を確実に捕捉するためには、租税当局間のネットワークを網の目のように張り巡らせる必要があります。ここでも重要なのは日米協力です。最近デラウェア州がタックスヘイブンとして台頭し、米国が国際的な課税強化に消極的になりつつあるとの見方があります。安倍総理には、この問題についてもオバマ大統領としっかり話し合い、目に見える成果を挙げていただく必要があります。

代議士会。

代議士会。

安住国対委員長の挨拶。

安住国対委員長の挨拶。


前の記事

厳しい法の裁きを。

次の記事

県政の課題。