なぜ、急ぐのか?

11月10日(木)
TPP協定承認案・関連法案が衆院本会議で強行採決されました。

山本農水大臣の不信任案に賛成票を投じる。

山本農水大臣の不信任案に賛成票を投じる。

ブログでも何度も書いてきましたが、今回のTPP協定には多くの問題があります。交渉過程は十分に示されず、協定内容は国益が守られておらず、食の安全といった国民に影響を与える論点についても審議が不十分です。世論調査でも6割以上の国民が審議不十分だと声をあげている中での強行採決に憤りを感じます。

代議士会。

代議士会。


さらには、昨日、TPPからの離脱を公約に掲げるトランプ氏が、アメリカの次期大統領に選出されたことは、日本政府としても、想定外だったと思います。TPPは参加12カ国のうち、GDPの合計が85%以上の国が批准しなければ発効しません。その約60%を占めるアメリカが参加しないとなると、TPPは頓挫することが目に見えています。まずは、トランプ氏の動向を十分に見極めてからでいいはずなのに、なぜそんなに急ぐのか、全く理解できません。

トンネルじん肺問題議員懇談会。

トンネルじん肺問題議員懇談会。

参議院で徹底審議を求めていきますが、TPPでも安倍政権の暴走が止まりません。

先端科学技術勉強会。次世代太陽電池研究開発について。

先端科学技術勉強会。次世代太陽電池研究開発について。


前の記事

忘れない。

次の記事

地元活動。