決戦前夜

10月9日(月)

いよいよ決戦の時を迎えます。
安倍自民党政権の暴走から国民の暮らしを守るための闘いです。

福島原発事故の教訓を省みることなく、
原発を「ベースロード電源」と位置付けて再稼働を急ぐ自民党政権を
なんとしても止めなくてはなりません。

越後R290街道まつり


歴代政権の憲法解釈をあっさりと変えて安保法制を強行した安倍政権、
森友・加計学園問題に代表される側近やお友達を優遇する安倍政権、
米国が脱退したTPPの再交渉に固執し、農業が潰れそうになっても平然としている安倍政権、
これを何としても止めなければなりません。

県内候補者の街頭演説会



私は初めて「無所属」で闘います。
ちらしもポスターも制限が多く、政見放送もない不利な闘いとなります。
もちろん、過去2回のような比例復活もありません。

狸の婿入り行列




不安がないと言えばうそになりますが、
安倍政権を倒すために、原発ゼロ社会を実現するために
私は退路を断って、背水の陣でこの闘いに挑みます。

みなさんのお力添えを心からお願い申し上げます。