完璧な答弁。

3月27日(火)

国民注視の証人喚問。佐川前国税庁長官は、安倍官邸、財務省を守る完璧な答弁でした。ここまで来たら、公僕としての良心を取り戻してすべてを明らかに語ってくれるかと期待していましたが、本当にがっかりです。

国会見学にお越しの地元の皆さんと記念写真。

なぜ改ざんが行われたのか、誰が何のために指示したのか等肝心な部分は「刑事訴追の恐れがある」と証言を拒否し続け、一方で安倍総理や昭恵夫人、官房長官、副長官、総理秘書官、財務大臣、大臣秘書官からの指示については「ございませんでした!」と即座にきっぱり否定していました。どう見ても不自然であり、異常です。政府・与党ときっちり擦り合わせた成果でしょうか?これがエリート官僚の生きる道だとしたら、哀れです。

経産省から法案レク。

マスコミから取材を受けました。

佐川前国税庁長官の証人喚問。


前の記事

小泉純一郎氏講演会