高校授業料無償化制度に所得制限を設ける法案の審議が始まります

来週の6日水曜日の13時から30分間、高校授業料無償化制度に所得制限を設けようとする法案について、文部科学委員会で質疑をすることになったので、今日は、朝から文部科学部門会で法案の説明を受けたほか、午後には別途、文部科学省の担当官を呼んで、ブリーフをしてもらいました。
民主党政権が創設した高校授業料の無償化制度によって、経済的理由による高校中退者が半減したとか、高校の進学率が上昇した等の効果があったわけですが、自民党によるバラマキ批判によって、所得制限が導入されようとしています。これが実現すると、これまで原則、無料だったものが、来年度の4月に入学する高校1年生から原則有料になって、親の年収が910万円を下回る家庭には、後で授業料相当額が戻ってくるような仕組みになります。そのために、下回ると思われる家庭は、学校から書類をもらい、それに課税証明書を添付して申請する必要があります。学校現場には何とも悩ましい事態になりそうです。
その他、様々な問題のある法案ですが、6日の委員会で追及したいと思っています。
今日は、その他、地元新潟県農業共済組合連合会の方々の陳情、連合の政策要求実現院内集会、あるいは、幹事長部局連絡会議等々に出席しました。

文部科学部門会議

文部科学部門会議

文部科学省のブリーフ

文部科学省のブリーフ

連合の政策要求実現院内集会で挨拶する海江田代表

連合の政策要求実現院内集会で挨拶する海江田代表

地元新潟県農業共済組合連合会の方々の陳情

地元新潟県農業共済組合連合会の方々の陳情