石原環境大臣の不信任案を提出

6月20日(金)

1月24日に開会した第186回通常国会が、本日、事実上閉会しました。最終最後に、安倍政権のおごり、被災地軽視を象徴する、石原環境大臣の暴言に対して、すべての野党が結束して大臣不信任決議案を提出しました。自民党幹事長時代にも、福島第一原子力発電所の施設を「サティアンのような所」と発言したこともあり、もともと原発の事故処理や被災地の復興に最前線で取り組む環境大臣としてふさわしい人選だったのか、疑わざるを得ません。

衆議院本会議にて。 石原環境大臣の不信任案に賛成票を投じました

衆議院本会議にて。
石原環境大臣の不信任案に賛成票を投じました

これから次の臨時国会まで、国会は休止になります。いつの間にか景気回復、経済再生よりも集団的自衛権一色の国会になりましたが、それとて与党の密室のみの議論だけで、国会における真正面からの議論は封印されたまま、歴代自民党政権が積み上げてきた憲法解釈の変更を、閉会中の閣議決定のみで済まそうというのはあまりに乱暴であり、国会軽視、国民不在の政治です。

沖縄北方委員会に出席。事実上の通常国会最終日ということで、本日は全委員会が開会されました。 私は沖縄北方委員会理事として今国会与野党間での様々な調整を行ってまいりました。

沖縄北方委員会に出席。事実上の通常国会最終日ということで、本日は全委員会が開会されました。
私は沖縄北方委員会理事として今国会与野党間での様々な調整を行ってまいりました。

文部科学委員会の委員として様々議論してきましたが、安倍政権が国家主義、国家統制を強化しようとしていることを感じました。NHKの人事などを見ても、安倍総理の考え方を絶賛するような人たちばかりを引き立てています。国会答弁の際に、野党議員に総理自らヤジを飛ばしたり、見下すような態度を度々目にしました。そんな総理を止める、戒める、政党が与野党に存在していないことが大問題でした。

様々な反省、教訓を胸に、地元に戻ります。

文部科学委員会に出席。今国会では6回質問に立ち、政府の姿勢を質して参りました。閉会中も保護者、並びに関係者との懇談を重ね、皆様の声をしっかりと反映して参りたいと思います。

文部科学委員会に出席。今国会では6回質問に立ち、政府の姿勢を質して参りました。閉会中も保護者、並びに関係者との懇談を重ね、皆様の声をしっかりと反映して参りたいと思います。

青少年問題特別委員会に出席。今年に入り、若者や子ども達が被害者となる悲しい事件事故が多発しております。また被災地の子ども達への支援も進めて行かなければなりません。 女性の視点から、今後も様々問題点を掘り下げ、安心安全に暮らせる社会の実現に向け取り組んで参ります。

青少年問題特別委員会に出席。今年に入り、若者や子ども達が被害者となる悲しい事件事故が多発しております。また被災地の子ども達への支援も進めて行かなければなりません。
女性の視点から、今後も様々問題点を掘り下げ、安心安全に暮らせる社会の実現に向け取り組んで参ります。