民主党台風18号災害対策本部設置 副本部長に就任

民主党 台風18号災害対策本部の設置について

台風第18号による被害状況を把握し、政府等の救助活動・復旧活動が円滑に推進されるよう、民主党台風18号災害対策本部を設置する。喫緊の活動として、被災地域の国会議員・地方自治体議員を中心に、速やかに現地の被害状況調査を実施するよう県連・所属議員に指示する。各地域の状況調査結果を踏まえて、対策本部会議を開催する。

本部長    枝野 幸男  幹事長

本部長代行 大畠 章宏  民主党茨城県連顧問

副本部長  郡司   彰  民主党茨城県連会長

        福田 昭夫  民主党栃木県連代表

        玄葉光一郎  民主党福島県連代表

        大島  敦  民主党埼玉県連代表・政調会長代理

        菊田真紀子  民主党新潟県連代表

事務局長  松原  仁  NC防災担当大臣

事務局次長 小宮山泰子  NC副大臣・衆院災害対策特別委理事

事務局次長 野田 国義  NC副大臣・参院災害対策特別委理事

事務局次長 近藤 昭一  幹事長代理

 

委員    被災県連所属国会議員

藤田幸久・福島伸享(茨城県連)

田城 郁     (栃木県連)

武正公一・大野元裕(埼玉県連)

金子恵美・増子輝彦(福島県連)

鷲尾英一郎・黒岩宇洋・田中直紀・風間直樹(新潟県連)

 

衆参災害対策特別委員

伴野豊・泉健太・岡本充功・神山洋介・小山展弘(衆院)

水岡俊一・那谷屋正義・大島九州男(参院)

 

第1回会議 日程・場所(調整中)

内 容   被害状況・政府の対応に関する関係省庁からの説明

      被災地関係県連からの報告・課題整理・政府への要望


前の記事

自民党総裁選に思う

次の記事

台風18号の爪痕