ノーベル平和賞

10月6日(金)
ノルウェーのノーベル委員会はことしのノーベル平和賞を国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)に贈ることを決めたそうです。

三条魚市場



三条機械製作所労組定期大会


栃尾連絡所開き


井関新潟労組定期大会


ICANは核兵器の非合法化と廃絶を目指す活動を続けています。9月の核兵器禁止条約成立にも大きく貢献したことが評価されました。
日本政府は核兵器禁止条約について「国家間の分断を深める」などと批判し、反対してきました。
ノーベル委員会とは正反対の評価をしてきたということです。
これだけ見ても安倍自民党政権の平和感覚、外交感覚のおかしさが分かるのではないでしょうか。
核に良い使い方も悪い使い方もありません。
核兵器も原発も、人類がコントロールできるという過信は改めるべきです。

加茂市民連合1周年記念の集い


三条本路小路あかり物語


前の記事

再稼働阻止へ

次の記事

真の友情