第195回特別国会、最終日。

12月8日(金)

激動と混乱の総選挙の疲れが癒えぬまま始まった特別国会は、本日、閉会となりました。野党がバラけたことにより、与党は終始強気でした。与野党の質問時間の配分の見直しを求め、また、森友学園・加計学園問題についても権力の頂点に立つ人たちは責任逃れに終始し、役所のせいにするなど、無責任で傲慢な態度が見えました。

第195回特別国会閉会日。

閉会日は各委員会が開かれるので、所属する3つの委員会に出席。まずは原子力問題調査特別委員会。

経済産業委員会。

今国会最後の代議士会。

我々野党の側は、第一党の立憲民主党はひたすらわが道を行く路線、希望の党はいわゆる共謀罪廃止法案の取り扱い一つとっても党内で意見集約が整わない状態、無所属の会は政党ではないため存在感を示すことができず、非常に後味の悪い、消化不良の国会となりました。

日本弁護士連合会主催の院内学習会「多発する子どもの甲状腺がん〜福島県民健康調査はこのままで良いのか〜」に出席。

 

大きな塊の野党をつくって、安倍政治と厳しく対峙し、国民の選択肢をつくると言っても、そう簡単ではないことを痛感します。年明けの通常国会では、数の力にものを言わせないよう、小異を捨てて大同団結していけるように、努力して参りたいと思います。

衆議院の防災服、出来てきました。

これから地元に戻ります。地元の皆様のお声をたくさん聞かせて頂こうと思います。引き続きのご指導、ご叱責をお願い申し上げます!

超党派で「準強姦事件 逮捕状執行停止問題」を検証する会第3回会合。当事者の伊藤詩織さんからお話を伺いました。

診療報酬の引き上げを求める医師・歯科医師国会内集会。

学費の公私間格差・自治体間格差是正を求める院内集会。


前の記事

農林水産統計

次の記事

地元活動。