巣ごもり総理。

7月22日(水) 

昨日、東京大学先端科学技術研究センターがん・代謝プロジェクトリーダー 児玉龍彦先生のお話を伺う機会がありました。児玉先生は7月16日の参議院予算委員会において、今後のコロナウイルス感染拡大の危機を訴えられ、今すぐやるべき具体的な対策を政府に提言されました。

文部科学委員会閉会中審査が開かれました。

東京大学先端科学技術研究センター児玉龍彦先生のお話を伺いました。

感染対策は全国一律ではなく、感染集積地を明確にし、そこでの全住民健診、事業者特別健診を徹底する必要性を説かれ、それ以外の地域においては、「いつでも誰でもどこでも無料で」検査できるようにする立法が必須であるとも述べられました。

県内の空白区においても、野党統一候補を擁立すべく各党協議が進められています。

しかし、政府は専門家の具体的な提言に応えることもなく、ただ時間だけが過ぎています。案の定、東京圏、大阪圏での感染者増だけでなく全国的に感染者が広がっています。もっと強い危機感をもつべきです。なぜ国会を開いて議論し、ただちに対策を打たないのか。国民の努力と我慢だけに頼って乗り切ろうとしているのか。さらに、こんな時期に「Go To トラベル」を強行するのは無茶であり、二転三転の迷走で国民に迷惑をかけていることについて総理が謝罪すべきです。

それにしても、安倍総理はいったい何をしているのでしょう?国会にも出て来ない。記者会見も一カ月以上開かない。官邸で巣ごもりしている場合じゃないと思うのですが、総理。

秋葉区にて久しぶりの街頭活動。